子供の頃、雲間から太陽の光が地上に射すさまを見て、亡くなった人が天国に召されて行くのだと本当に思っていました。

3月11日、誰もが忘れられない日になりました。まだ探し出して貰えない魂が、どうか天国に行けますようにと祈らずにいられません。

写真は今日の空です。

e0197817_00371561.jpg

方角は西。

3月11日より1日前。3月10日も私にとって忘れられない悲しい日になりました。


西の方角は大事な親友が居る場所です。

頑張り抜いた友は3月10日朝、一人旅立ちました。

辛い闘病生活からやっと解放されて、安堵の表情で横たわって。

彼女は今にも目を開けて「わっうっかり眠っちゃったわ」と言って起き上がりそうでした。

彼女にかけた言葉は、「良く頑張ったね。もう痛さから解放されたから辛くないんだよ」ではなく

「何やってるんだよぉ」の一言。後はただただ泣くばかりでした。


どうかどうか安らかに。どうかどうか・・・。

しっかり者の彼女は、一足先に天国を偵察して、私が行く頃には天国のベテラン住人になっているかも知れません。

「やぁだーぁ加藤さん、天国でも私を頼るの?」彼女の優しい声が聞こえてきそうです。

e0197817_00401554.jpg

そうだよ。私は旦那との老後より、福ちゃんとの楽しい老後を中心に考えていたんだからね。それが叶わなくなった今、せめて天国での楽しい老後?のプランを考えておいてよね。

49日が終わったら、いよいよ西の空に差し込む光を登って天国に行くことでしょう。

沢山沢山楽しい事をありがとう!!本当に会えて良かった!!

いつまでもいつまでも

ずーとずーと友達だよ!!
これまでもこれからも


[PR]
# by komaoyo | 2017-03-12 00:43 | できごと | Comments(0)