クラースネ・シャーコチカの気持ち komaoyo.exblog.jp

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします


by niko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アボリジニが生んだ画家

e0197817_9462378.jpg
エミリー・ウングワレー展

北欧のテキスタイルを思わせる作品(ユートピア パネル)、マリーローランサンの絵のような作品(私の故郷)、江戸着物の縞模様のような配色の作品(ユートピア パネル)、291.1×801.8センチもの大作(ビッグ・ヤム・ドリーミング。驚くことにこの大作は2日で完成したそう。)等など。土俗的なテーマを持ちながら、そのどれもが洗練されていて、誰も真似できない独自の作品ばかりだった。

アボリジニの伝統的生活を送りながら、儀礼のボディーペインティングや砂絵を描いていた彼女は、西洋美術に何の接点もないまま、89年から96年の86歳で没するまで、8年間に3, 4千点に及ぶアクリルの抽象作品を残した。

彼女の絵にはどれもリズムがある。きっと先祖代々受け継がれたアボリジニのリズムがDNAにしっかり組み込まれていて、抽象画に表われたのだろう。

背景は、アボリジニ独自の世界観。テーマはエミュ(オーストラリアに生息するダチョウに似た鳥)・ヤムイモ(さつま芋に似た芋)・ブッシュ(オーストラリアの未開墾の荒野・林・森)・カーメ(ヤムイモの種)故郷等など。

作品の上下はない。何故なら彼女はカンバスを地面に置きいろいろな方向から描いていた為。作品を下に置いて、いろいろな方向から見てみたい。こんな展覧会があってもいいのにな。

今回音声ガイドをはじめて利用してみた。普段は作品の説明書きも読まずに直感だけで見ていたのだが、真野響子さんのガイドと言うことなので(彼女の声が好きなので。)借りてみた。

先入観を持って作品を見ることは好きではなかったが、聴きながらじっくり見ていると、不思議にゆっくりと落ち着いて集中してみることが出来た。ガイド音声が外界から私を遮断してくれたおかげで集中できたのかもしれない。

彼女はこの世にもういない。しかし不思議と彼女を感じながら作品を見た気がする。彼女のエネルギーを感じながらと言ったほうが良いかも。

見終わって、元気になれた。
 

エミリー・ウングワレー展 7月28日まで  国立新美術館 
e0197817_946587.jpg

[PR]
by komaoyo | 2008-06-29 07:09 | Comments(0)

労働の後の一杯

何年振りだろうラッシュの中通勤するのは。
電車の中の通勤者の皆さん毎日ご苦労様尊敬申し上げます。だってあの地獄の通勤電車で会社に行って仕事をするなんて。皆さんすごーい!私、仕事をするエネルギー残っていません。

仕事を再開するに当たって「やるっきゃない」と気合いを入れてはみるものの、なーんか不安。研修に行っただけでこの疲労感だし・・・。もうパソコンに襲われる夢見ちゃったし



とりあえず当面の私の課題は

○朝ごはんを食べる。
○通勤ラッシュに耐える。
○迷わずに会社に行く。

あっ・・・帰り道迷わないを入れておかなければ
e0197817_757664.jpg

労働の後の一杯の為に、もう一瓶梅酒を漬けました。
働かざるもの飲むべからず、なのでしっかり働きます。
[PR]
by komaoyo | 2008-06-24 18:34 | おいしいもの | Comments(0)

鴨の誘惑

丹沢山系を望み瑞々しい緑の中の高台にある「AMANDAN HILLS」。私はここで今までに味わったことのない魅惑の味に出会ってしまった。

素材がよければ、なるべく手を加えずいただきたいと思っている。シンプルな調理法が好きだ。ガーッと作ってバーッと出してワーッと食べる。熱いものは熱く冷たいものはちょうど良い冷たさで。自分の家のご飯がやっぱりおいしいと思うのは、出来上がった料理をタイミングよく食べられるからかもしれない。しかしそうは言っても、たまには日頃のうちご飯とは違う「そとご飯」を食べたくなることがある。

昨日はそとご飯(フランス料理)のおいしさに酔いしれた。メニューは・・・・。

・青森から届いた生雲丹、カリフラワーのムースにオマール海老のジュレからすみ風味のサラダを添えて(写真下)

・黒パン

・人参のポタージュスープ

・自家製フランスパンオリーブオイル添え

・シャラン産鴨胸肉の炭火焼、胡桃油香るジュを添えて(写真まん中)
・本日届いた鮮魚のポワレと海の幸、数種類のスパイスの香りで
 (友人が選んだメニュー写真上)

・ベリーのアイスとチョコレートムースのデザート

・紅茶

フランス料理は結婚式の披露宴で、流れ作業的に食べたことくらいしかなかった。もちろん大人数分を一度に作った料理はおいしいはずもなくフランス料理イコールあまりおいしくないとインプットされてしまっていた。

けれどAMANDAN HILLSでいただいたフランス料理は、どれもほんとうにおいしくて、心も舌も充分満足させてくれた。

なかでも旬の野菜を少量の削ったからすみに付けて食べる食べ方は、目から鱗と言ってもいいくらい、シンプルでおいしかった。これは家でぜひやってみたいな。

そして炭火焼きの鴨の胸肉!!!今までの鴨ってなんだったの?と言うくらいおいしかった。周りは香ばしく、中は(ちょうど良い火の通り)しっとりと柔らかく胡桃のソースと良くあって、クラクラするくらいおいしかった。(おかわりしたい衝動をおさえるのが大変だった。)
おいしいものを食べると「あー家族に食べさせたいなー」といつも思う。

シェフに感謝!今度は家族と近いうちにぜひ訪れたい!


アマンダンヒルズ / 神奈川県厚木市森の里若宮13-1 
          http://www.novarese.co.jp/ahs/fl.htm
e0197817_10552656.jpg
e0197817_10581528.jpg
e0197817_10591598.jpg

[PR]
by komaoyo | 2008-06-20 18:14 | おいしいもの | Comments(0)