クラースネ・シャーコチカの気持ち komaoyo.exblog.jp

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします


by niko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

コローの空

e0197817_8582538.jpge0197817_8584073.jpg

ジャン=バティスト・カミーユ・コローJean-Baptiste Camille Corot(1796‐1875)19世紀のフランス画家

モネ、ルノワール、ブラック、セザンヌ、マティス、カディンスキーなど沢山の画家に影響を与えたコロー。今回の展覧会でもシスレー、ルノワール、ドラン、セザンヌ、マティスなどの作品も一緒に展示されている。

頼まれて(お金のために)描いた人物画は一枚もないという。身近な人々の肖像画。今回の展覧会の目玉作品「真珠の女」は、コローが死ぬまで自邸の客間に置いて手を入れていたという。コローは風景画と思い込んでいたが肖像画も素敵だった。(ピカソ所有だったコローの描いた人物画も展示されていた。)

出品作のうち心惹かれた人物画は写真右の三作品。なかでも写真まん中の「本を読む花冠の女、あるいはウェルギリウスのミューズ」(1845年)時代物の服と陶器のような白い肌のコントラスト、頬杖をつき読書をする姿、足元に咲く花。どれも素敵だ。とても天保の改革後3、4年の作品とは思えない。近代的とさえ思えてしまう。

母の誕生日のために描いた作品はこころが温まった。母親と父親、姉と義兄そしてコロー本人が描かれている。コローの横にやさしい伴侶の絵を書き足してあげたいと思った・・ちょっとお節介かもしれないけれど。(コローが生涯独身を通したからかな。)額装も素朴でよかった。

最後の展示室ではベンチに座ってコローの描く空をずっと見ていた。深い緑の木々の上に広がる空。舞台好きなコローらしい詩情溢れる作品たち。朝も昼も夜も見ていたい空。コローの空。


カミーユ・コロー 光と追憶の変奏曲
国立西洋美術館  8月31日まで
開館時間9:30~17:30

人ごみの中絵を見たくない方は平日閉館1時間くらい前に行くことをお勧めします。
[PR]
by komaoyo | 2008-07-30 17:58 | Comments(0)

去年の今日

朝、起きた時からおかしかった。気分が悪く胃がむかむかして・・・。それから1時間もしないうちに、一気に熱が上がり始めた。歯と歯が、かみ合わないほど凄い震え。体温計は40度。

夏だというのにフリースを着ても、湯たんぽを抱いても寒くて寒くて。このまま死んでしまうかもと思い、救急車を呼んだ。20日間の貧血改善の入院。その後、貧血が改善され、一ヵ月後に12日間の手術入院。

熱がなかなか下がらなかった。横に寝ると激痛(腹痛)と動悸がひどくなる為15日間座ったまま眠っていた。(正確にはうつらうつらしていて熟睡することが出来なかったが。)人間て高熱だと見えないものが見えたりするみたい。窓の外に見える森の木々が沢山の魔物の顔に見えたり・・・。でもお医者さまや看護婦さんたちが献身的に看護して下さり無事あの世の入り口から引き戻してくれた。感謝しても感謝しきれない気持ち。

去年の今日の出来事。
今は信じられないくらい元気。馬車馬みたいに働けているしね。

私って強運の持ち主かもってうぬぼれてしまう時がある。大変なことが起こってもなんとなく乗り切れてしまうから。
でもでも本当は周りの人がいつもサポートしてくれるから乗り切れているんだって事忘れないようにしなけりゃね。



人の半分しかヘモグロビンが無くて、極度の貧血でした。脳に血液がうまく回らずいつも頭がスースーしている感じ。硬いものが食べたくなって、氷や生のニンジンをぼりぼり食べていました。これって氷食症(ひょうしょくしょう)というのですって。氷を無性に食べたくなる病気。 鉄分の欠乏によることが多いそう。こんな病気があるんですね。怖いわ~~
[PR]
by komaoyo | 2008-07-19 19:24 | Comments(0)

梅の次は杏

e0197817_875343.jpg
杏の季節がやって来たぁーあ!

杏ジャム・杏シロップ・杏酒・・・・ムフフッなに作ろーかな。
[PR]
by komaoyo | 2008-07-09 20:45 | おいしいもの | Comments(0)