CM撮影

妹夫婦がやっているお店がCMに使われました。

スズキ アルト CM  「かしこく、ステキ 。広がる 」篇



5秒CMなのでほんの一瞬(カウント0.07~)「こんにちは」と挨拶した時の後ろの建物です。あっという間ですけれど・・・。


妹夫婦はつくば学園都市でカフェをしています。お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄り下さいませ。http://www.plus-1.bz//

以前TOYOTAのパッソのCMにも使っていただきました。


[PR]
by komaoyo | 2010-09-24 11:23 | Comments(0)

「今日の夕食これだけ?」と言われたら・・・。ニッコリ笑ってこう言いましょう。

잔 소 리  하 지 마.
チャンソリ ハジマ 
 
(ごちゃごちゃ言うな!)
[PR]
by komaoyo | 2010-09-24 09:12 | Comments(0)

言ってはいけない一言

涼しくなってきました。秋も急に深まっちゃって吃驚仰天な今日この頃ですが、皆様お変わりありませんか?

寒くなると体の芯から温まりたいと思いますよね。おでんが恋しくなります。

夕食のメニューもガッツリボリュームのあるものから、ほっこり暖かいものへと変化してきます。

昨日はなんとなく低気圧のせいか眠気が1日中続いていました。
ぼんやりスーパーで食材探しをしていたら、目が合っちゃったんです。この子と・・・。

e0197817_8291327.jpg

         
輝く澄みきった瞳。きらきらと光る茶褐色の容姿。

どんなに疲れていても新鮮な食材に出会うと・・・買ってしまいます。特にイカや南蛮漬け用の小鯵とか・・・。 昨日はこの子達でした。

e0197817_8294199.jpg

         
早速、いか飯やサトイモの煮付けを作りました。いか飯は今まで一番の出来!!もう自画自賛しまくりました。


e0197817_8301299.jpg


         
・・・・・が、息子の一言でHAPPYな気持ちも怒りモードに変換。

「えっ夕ご飯これだけ?」

||( ̄□||||カガ゙ガーン!!

何年か先、確実にあなたは嫁にぶん殴られる日がくるでしょう。その日が来るのを母は楽しみにしております。(∵)」

盛り付けは確かにひどく雑でしたが・・・味付けは最高だったのよ。
_(__)ノ彡☆ばんばん ヒーッくやしい!
[PR]
by komaoyo | 2010-09-24 08:28 | おいしいもの | Comments(0)

グラスをかたむける2人・・・とってもムードある場面。2人の目の前には豪華な果物の盛り合わせが。スイカ・オレンジ・リンゴ・キーウィそしてミニトマト。

1人の女を取り合うライバル同士、お酒を飲みながら、「彼女には自分が必要だ」と相手の男性に訴える場面・・・2人の目の前には豪華な果物の盛り合わせが。梨・パイナップル・リンゴそしてミニトマト。

韓国ドラマや映画を見ていていつも不思議なのは、お酒と果物の盛り合わせがセットになっている事。しかもミニトマトまで。お酒を飲みながら食べるのは、日本だったら塩辛いものや、から揚げとか脂っこいものが多い気がする。果物を酒の肴にすることってなかなかない。

もしかしてお通しが果物の盛り合わせ?

あー韓国に行ってお酒の席で果物の盛り合わせを頼んでみたい!!すごく新鮮!!そして焼酎片手に果物食べて見たいわ!( ^_^)/□☆□\(^_^ )乾杯~!!


韓国ではね。ミニトマトは果物なんだって!
[PR]
by komaoyo | 2010-09-23 21:14 | 韓国 | Comments(0)

韓国語に変換

我が家のパソコンも韓国語に変換できるように設定しました。

e0197817_7324147.jpg


こんなに簡単に変換できるなんて・・・本当に便利!
これで韓国語でブログを書ける日も近いわ・・・・あっでも今の私の実力じゃ

내일은 도서관에서  친구과 고부합니다.(明日は図書館で友達と勉強します。)この位しか書けない。こんな短い文章を打つのに5分もかかっちゃうし・・・。


キーボード1つ1つに韓国語用のシールを貼りたかったけれど、すぐ剥がれてしまいそうなので、当分韓国語キーボード案内を印刷して、パソコンに貼っておくことにします。

e0197817_733733.jpg


でもいちいち見ながらだから不便だわ~。韓国語用のキーボード買っちゃおうかな?
[PR]
by komaoyo | 2010-09-22 07:30 | Comments(0)

韓国ではね。

韓国の事が好きになって興味を持ち始めてから、私の口癖は「韓国ではね。」ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ

もう家族や友人は何回私の「韓国ではね。」を聞いた事だろう・・・。
初めて知ったことを誰かに話したいのは当たり前だけれど、聞く人が韓国になんの興味も持っていなければ、これほど迷惑な話はないだろう。(; ̄ー ̄A

だからこれからは自分のブログだけに「韓国ではね。」って話しかけようと思う。(話すんじゃなくて「話したつもりで書きます。」)興味のある方だけ読んでくださいね。 (*^.^*)
[PR]
by komaoyo | 2010-09-21 09:31 | 韓国 | Comments(0)

じゃじゃーん

不器用ですから・・・。(by高倉健)



夫「ただいま」いつものように雑巾のようにくたびれ果てて帰って来た夫。
私「おかえりぃ」いつものように愛想なく迎える私。



「今日ね、お友達からおめでとうってメール貰っちゃったぁ!」「妹からも電話あったよ!」とうれしそうに話す私の声が終わるか終わらないかのうちに・・・・・・・ガサゴソとビニール袋を鞄から取り出して「これ買ってきた。」と夫が言った。

「えっ?私の好きなK-POPグループのDVD?」・・・かなぁと思ったら・・・・なっなんと、ジャーン「最新式の電子手帳」でした。

    
e0197817_2352652.jpg


南極のペンギンが住むくらい冷え切ったリビングに春の風がふわりーんと吹きましたよ。

毎日虫眼鏡を使って辞書の細かい字を見ていた私を不憫に思ったのか・・・どうかはわからないけれど。思いがけないお誕生日プレゼントに吃驚仰天でした。(♪今日は私のお誕生日)

家の夫は高倉健とは似ても似つかないけれど、不器用さだけは高倉健並です。無口だし、気の利いたこともなにもしない。何を考えているか分からない人だけれど・・・・たまに、サプライズをしてくれる。・・・10年に1度くらいね・・・。

これで大手を振って(今までもデカイ態度でしたが)お勉強出来るわ「あなたぁ次は韓国行きの航空券ね!」・・・・どこまでも調子に乗る女です。
[PR]
by komaoyo | 2010-09-17 23:53 | Comments(0)

我が家のマティス

e0197817_1581532.jpg
私の大好きな画家アンリ・マティス。我が家のリビングにも1950年に制作された本物のリトグラフがある。



マティスが尊敬している詩人、シャルル・ドルレアンの詩を自ら選び「デッサンと文字の融合」を目指し作成した詩画集。自筆で詩を書き、それを軽やかに色付けしたアラベスク文様で囲み、百合の花を主題にしたデッサンを添えた。 あのシャガールの作品を作った工房で刷られたものだ。

大好きな絵をインテリアに取り入れる時、私はさりげない絵を選んでしまう。好きな絵イコール我が家に合う絵とは限らないから。いくら好きだってクリムトの絵、「接吻」を我が家にかけても落ち着かないもの。

このリトグラフと一緒に暮らしていると、マティスがより身近に感じられる。58年も前に制作されたとは思えない。fran franにでも売っていそうだ。

いくら印刷技術が進んでも本物の絵と画集の中の絵では色の違いは否めない。ましてや絵のぬくもりを感じ取ることは難しい。 (写真のゆりのモチーフ、実際は上品な薄紫色です。)

日常の些細なしがらみや悩みをそっと癒してくれる我が家のマティス・・・。たまに他の画家の絵に変えても、またすぐにこのリトグラフに戻してしまう。ずっとずっとこれからも癒されていきたい。
[PR]
by komaoyo | 2010-09-16 15:02 | Comments(0)

雨に日に聴きたい曲

긴 시간의 끝   長い時間の終わり





2曲目비오는 압구정は、来る当てもない彼女を、雨降る中待っている・・・というせつない歌です。


Brown Eyes - 비오는 압구정 雨降る狎鴎亭(地名)。
[PR]
by komaoyo | 2010-09-16 10:32 | 音楽 | Comments(0)

夜にはこんな曲

Lucid fall _ 고등어


루시드폴 Lusid fall / 걸어가자


夜に聴きたい曲1曲目の「고등어」は、愛する人にささやく愛の言葉がちりばめられています・・・・・・・なーんて嘘 。

なんと題名は「サバ」。サバの気持ちを歌った歌です。  

♪ソウルの高級な魚にはかなわない、だけど僕はみんなの夕餉を守ってきた。貧しい君が僕を選んでくれてありがとう お疲れさま 今日の一日も・・・って言う内容なんです。「選ぶ時は目を見て」なんて歌詞もあります。

韓国版 泳げ鯛焼きくん?韓国語が分からなければ、おしゃれな曲なんですけれどね。 

まっ今日も1日お疲れ様って歌っているくらいだから、夜に聴く曲には違いはありませんね。          
[PR]
by komaoyo | 2010-09-16 07:49 | 音楽 | Comments(0)