<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋も深まって

先週の3連休は久々に実家に

いつも帰ると慌しく過ごしてばかりで、ゆっくり庭を見る暇もありません。でも久々に庭にまわると・・・。
e0197817_1333359.jpg


見事にドウダンツツジ(直径1.5m位)が紅葉していました。「満天星」とも言うそう。その名の通り,色鮮やかに紅葉した様はまさに満天星でした。


e0197817_13323527.jpg


たわわに実った柚子の大木。日当たりの良いほうの枝に実った柚子は、大ぶり。欲張って高枝ばさみで山盛り収穫したはいいけれど、腕は筋肉痛に。



e0197817_13535654.jpg


今度実家に帰るのは来年の夏かな。帰るときはいつもすごーく淋しくなります。

でも、帰る場所がある私は幸せです。
[PR]
by komaoyo | 2012-11-28 13:57 | Comments(0)

あなたは、大宇宙にワープして奏でる二胡奏者を見たことがあるだろうか?そしてその音を聴いたことがあるだろうか?

演奏を聴いていたら、突然フワーっと演奏者が宇宙の真ん中に浮かんで、そして目に見えない「もの凄いエネルギー」が演奏者の周りに渦巻いて・・・。目で見て耳で聞くとは別に、第六感(シックスセンス)で感じた演奏。


e0197817_18572912.jpg

11月17日(土)東京日本橋の三井ホール 「WeiWei Wuuが来た!」ツアー・ファイナル・コンサート

確かに私はあの日、目で見たり耳で聞いたりではなく、第六感(シックスセンス)で音を感じた。変な薬を服用していたり、夢うつつで錯覚し、感じたのでは勿論ない。


音が宇宙を駆け巡る。

息を呑む始めての経験に、今でもこのコンサートを思い出すたび胸が高鳴る。

演奏すればするほど、パワーアップするウェイウェイ先生。素晴らしい演奏にただただ脱帽した。

ただひとつ残念なことは、この素晴らしい演奏会をご本人のウェイウェイ先生が客席から見られなかったこと。(( ^ ^)/演奏したご本人だから当たり前だけど)ご自身もさぞや客席から見たかったのでは?いくら録画したり録音したりして機械上再現できても、その時の客席で聞こえる音(舞台上の音とは違います。)空気は再現できないのだから。

この日ばかりは、観客で良かったと心の底から思ったのでした。
[PR]
by komaoyo | 2012-11-22 19:54 | 音楽 | Comments(0)

上手になる薬

昨夜の親子の会話

夜11時半、二胡のレッスンから重い足取りで帰り、リビングに居た息子に、二胡とかばんを置くや否やこう言った。

私 「ねぇ お母さん今日の二胡のレッスンの時、一人で皆の前で弾いたんだけど、余りに酷い出来で立ち直れないの・・・8年もやっているのに・・・やめちゃおうかなぁ~お先真っ暗だぁ・・・・・」

息子「・・・」

私 「弾いているそばから、自分の演奏に幻滅しちゃっててさぁ 別にあがってたわけじゃないのに、練習の時とまったく違った演奏になっちゃったぁ  え~~えん」

息子「・・・」

私 「マンションでの楽器演奏は迷惑行為と通達が回ってきて、しょうがないからクロゼットにこもってまで練習したのに・・・・結果があれじゃぁ・・・あ~苦労が水の泡~~ゼツボウダァ~~~~~~」

何も答えずパソコンに向かっている息子。

私 「何処かに、二胡が上手に弾ける薬ないかなぁ  怪しい薬とか飲んだら上手になるかしら?」

ずっとだまっていた息子、怪しい薬に反応したのか、ひと言こう言った。

 「薬に頼るのかよぉ」

おいおい本当に怪しい薬飲むと思ったの???お母さんならやりかねないと思ったのかしら?????一回なら試しちゃうかも   嘘嘘(*^_^*)   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この広い地球のどこかに二胡がすぐ上手になる都合の良い薬ないですかね? 
せっかちなアジュンマ(おばさん)が聞いた。


e0197817_13502820.jpg


賢い二胡はこう答えた。

「薬なんか探さなくたって、毎日こつこつと練習していれば今よりほんのちょっとずつ上手になっていきますよ。そして5年10年後と続けていけば、自分の心を二胡で表現できるかもしれません。」

せっかちなアジュンマはこう言った。

「早く上手くなりたいの。」

「8年間やってたのよぉ・・・なのに全然上達しないし・・・・。見切りをつけて二胡のレッスン代、韓国行きにまわそうかなぁ。あああああっでも上手くなりたい。せめて練習した成果をそのまま本番で皆に聴いてもらいたい。上手になりたい~~~~ぃぃぃぃ~ぃっ」

賢い二胡はこう言った。
「ほ~ら やめるなんて言って、結局上手になりたいって向上心燃やしちゃってるんじゃない。結局続けるんでしょ。」

せっかちなアジュンマが答えた。

「うん」
[PR]
by komaoyo | 2012-11-15 14:08 | 音楽 | Comments(0)

どうしても見たい作品がある。

ルーベンスの《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》。クララはルーベンスの愛娘で、この肖像はクララ5歳の姿。父ルーベンスの愛情を感じさせる傑作といわれている。依頼されて描いたものではなく、個人的に描いたものの為、小品ながら貴重な作品となっている。

残念ながら彼女は、12歳でこの世を去った。ルーベンスは、この絵をどういう想いで娘亡き後見ていただろう。


e0197817_1195471.jpg




似ても似つかないクララちゃん。5歳に見えないし・・・ちょっと広告の裏に描いて見ました。_(__)ノ彡☆ばんばん!老けてるぅ(笑)



リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝
2012年10月3日(水)~12月23日(日・祝)
※毎週火曜日休館
国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
[PR]
by komaoyo | 2012-11-03 01:16 | Comments(0)