②じぇじぇじぇな日々

痛さは2、3日で和らいだけれど、痛い左脇をかばいながら(寝返りが打てず)ずっと寝ていた為、今度は腰痛に悩まされることに。
e0197817_0165799.jpg


病院でたっぷり休養がとれると思ったら大間違い。ずっと寝ていることがどんなに疲れることか。寝たくて寝るなら休養になるが、寝たくなくてもずーとベットにいなくちゃいけないって、思っているより大変だ。




それから病院の朝は早い。

朝は6時に病室の電気がパッと付き、体温・血圧を計りに看護師さんがやってくる。時には朝6時に血液採取がある。起ききってない脳にびびびびっと強烈な刺激が来て、否応なしに起きる日もある・・・。T_T 

午前中は、お掃除の方や着替えのパジャマをもって来てくださる方、お茶を持って来てくださる方。夜勤の看護婦さんと交代した日勤の看護婦さんのご挨拶。次々と人の出入りで慌ただしい。

カーテンで仕切られたベットなので一応プライバシーはあるが、カーテン一枚はプライバシーがあるようで無い。一番困ることは、ちょっと油断して寛いでいる時に限って、担当の先生が突然やってくることだ。いつもきちんと優雅に?寝ているのに先生が回診にいらっしゃる時に限って、ぐたーっとしながら携帯でワンセグTV見ていたり、うつらうつらと寝ていたり・・・。((((((ノ゚⊿゚)ノ先生の回診に毎回、慌てふためいていた私。

そして、なんといっても驚いたことは、病室の前が陣痛室・分娩室だった事。

低気圧の日は決まって「ぎゃああぁぁぁぁああ~」と物凄い悲鳴が聞こえる。あっと言う間に生まれる人。何時間も叫んでも生まれない人。最初は吃驚したが、慣れてくると叫び声が日常になり全く気にならなくなった。改めて人間の適応力に感心した。
[PR]
by komaoyo | 2013-07-28 21:43 | Comments(0)

 ①じぇじぇじぇな日々

急に駆け出したら横っ腹が痛くなる・・・・あの痛さの100倍(大げさ?)の痛さが、仕事帰りの電車の中で起こり、1時間痛さに耐えながらなんとか自宅近くの駅に着いた。

電車から気が遠くなりそうになりながら降り、前のめりになりながら帰宅。その夜遅く(7時過ぎからいくつかの病院に問い合せたが、断られたりして結局11時過ぎに看てくれる病院があった。)大学病院に行き・・・・診断の結果、即入院に。

点滴の日々が始まった。
e0197817_1919353.jpg


そして
e0197817_17232045.jpg

天井ばかり見ていた。
[PR]
by komaoyo | 2013-07-16 19:22 | Comments(0)

나만의 위로



비가 왔으면 좋을 것 같아 내 눈물 감추게    
ピガ ワッスミョン チヨウル コ カッタ ネ ヌンムル カmチュゲ 
(雨が降ればいいのに 僕の涙を隠すように)

울고 울고 또 울고
ウルゴ ウルゴ ト ウルゴ
(泣いて 泣いて 又 泣いて)





Kim Jaejoong - 나만의 위로



2週間の入院生活で癒され続けた Kim Jaejoong の歌声。
[PR]
by komaoyo | 2013-07-16 13:53 | 音楽 | Comments(0)