クラースネ・シャーコチカの気持ち komaoyo.exblog.jp

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします


by niko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0197817_231043100.jpg

文房具の丸シールを使って絵を描く、独自の発想で夜景を中心に表現している現代美術家大村雪乃さん。(写真右奥)


「可憐」という言葉がぴったりな彼女と、クールな大都会の夜景のイメージが結びつかないと思う方もいるのではないだろうか。


以前NHKの「椎名林檎お宝ショウ@NHK」で聞いた話を思い出した。

脳科学者の茂木健一郎さんと椎名林檎さんの対談の中で・・・。

茂木「やっぱり! 僕はクリエイターを理解するとき“ギャップ理論”というものを考えているんですが、クリエイターはしばしば、作ったものと本人がすごく乖離しているケースがあって、しかもそういう人に限って本物のクリエイターだったりするんですよ。」



彼女の作品もそうだし、作品を制作する上でのコンセプトなどを読むと、シニカルにものを見ているなと思う。


彼女は、息子の幼馴染だった。 よく我が家にも、雪乃ちゃんの妹さんと二人で遊びに来ていた。男兄弟ばかりの我が家に、女の子がいるというだけで、2人が来るたびに嬉しかったのを覚えている。
 
「ふんわりおっとり」と言う外見とは反対に、シニカルな面も時折顔を覗かせていた気がする。

彼女が小学生の時の話。

とんぼが2匹連なっている姿を見て、雪乃ちゃんの妹さんが、「おばちゃんあれ何しているの?」と質問してきた。「あっあれね・・・」と私がちょっとしどろもどろになっていたら、雪乃ちゃんが、すかさず「交尾してるんだよ。」ときっぱりと言ったのだ。

あの時の空の青さと2匹のとんぼ、そして雪乃ちゃんのきっぱりと言った言葉は、今でもはっきり覚えている。実に爽やかに言い放った事に、「おーっ」と小さく感動した。

なにも、質問されてたじろいでいる私に対して、「おばさん、はっきり言えないの?」と皮肉を込めて言ったわけではなかっただろうけれど(笑)


これからも何にも媚びず、何にも縛られず自分の思ったままに生きて欲しい。

過去を振り返らず、前だけ見て進んでほしいなぁ
[PR]
by komaoyo | 2014-01-29 00:47 | できごと | Comments(0)
e0197817_4151111.jpg


丸シールだけでこんな素晴しいアートが作れるなんて・・・驚嘆の作品がこの「heart」の作品。

大中小の赤・黄色・白だけの丸シール。完璧なまでの配置・色の取り合わせに、もうもう脱帽してしまいました。

ずっとずっと見ていても全く飽きない作品です。

実は、独り占めしてずーと見ていたいので、購入したいと考えている作品です。あ~もう売れてしまったかしら?



大村雪乃さんのお話は、まだまだ続きます。

※このブログ内の作品写真は、大村雪乃さんご本人の許可を頂いて掲載しております。
[PR]
by komaoyo | 2014-01-26 04:26 | できごと | Comments(0)
e0197817_3214379.jpg


新進気鋭の現代アート作家 大村雪乃さん http://yukinoartwork.blogspot.jp/ の個展に行ってきました。

場所は表参道駅から徒歩5分のvalveat81n2Fのギャラリースペース。http://www.valveat81.com/


e0197817_2422588.jpg


彼女の作品の主な画材は、絵の具でもなくペンでもなく・・・なんでもない文房具のあの「丸シール」。


時には華やかなイルミネーション。
e0197817_1433959.jpg

近くで見ると、確かに丸シールです。

時には、闇に浮かぶ東京タワー。
e0197817_1137253.jpg


ガラスに映ったこの東京タワーの作品。夜が深くなればなるほどくっきりと浮かび上がって来ます。丸シールを貼った後ニスを塗った効果で、照明を当てるとより輝きを増し浮かび上がって見えるのです。

e0197817_1515499.jpg

この作品は、今回の個展で一番大きな作品。1000枚2000枚3000枚・・・一体何枚の丸シールが使われているのでしょう。作品によっては、6000枚以上の丸シールを使うそう。

制作の過程は、沢山のメディアでも紹介されています。

設計図を作ってそれから緻密に制作していく。作品に没頭すると食事も取らずに作業を続けてしまうこともあるそうです。


今回のこのギャラリーは、大きなガラス窓がある為、非常に面白い展示効果を体験できます。(これは、ご本人も意図していなかったようです。)
e0197817_293292.jpg


ガラス窓に反射した作品が、お隣の建物の壁に写っているようで・・・まるでプロジェクトマッピングなような効果を出しているのです。窓に写りこんだ夜景の作品が、面白い効果をあげています。

昼間なのに夜景が外に見える????

このギャラリーでしか味わえない面白さを、是非沢山の方に体感していただきたいです。・・・ですが、この個展残念ながら、今日26日(日)19:00迄。 お時間を無理にでも作って是非ご覧になっていただきたいです。



ファッションブランド(Sise)とコラボレーションした洋服も、一緒に展示されています。

e0197817_3415023.jpg

一見刺繍したかのようですが、実はシルクを使ったジャガード織りのメンズのコートやパンツ。ファッションショーで既にお披露目済みの作品です。青い色がなかなかうまく出ずに、とても苦労したとのことです。 

漆黒の闇に浮かぶ夜景が、上手に服に生かされていました。

丸シールがこんなに発展するなんて、丸シール自身?も吃驚仰天ではないでしょうか。(笑)

昨年は、フジテレビとのコラボ企画で、車にまで丸シールで出来た夜景がプリントされていました。凄いな~




私が伺った日は、レセプションパーティーで100人以上の方々がいらっしゃっていました。中にはあのレディーガガの靴を作ったデザイナー 舘鼻則孝さんもいらっしゃっていました。

e0197817_351479.jpg


e0197817_351249.jpg




そして今回の個展の協賛がウォッカで有名なGREY GOOSE。


e0197817_24897.jpg


本格的なカウンターの向こうには、バーテンダーさんがいて、カウンター左上のレインボーブリージの作品をイメージしてウォッカベースのカクテルを作ってくださいました。
e0197817_12563771.jpg

e0197817_2503296.jpg

黄色・黄緑・青のグラデェーションがとっても綺麗に出ています。添えてあるのは、ローズマリーの枝に飴でつけたレッドペッパー。なんてオシャレなんでしょう!!勿論味も爽やかで、とっても美味しかったです。

ウォッカベースのカクテルを飲みながらの作品鑑賞。なんて贅沢なひと時だったでしょうか。

e0197817_12544939.jpg

そして、カクテルの先に見える東京タワーの作品の横には、素敵な革張りのソファー。

他にも、キャラコのソファーやオフホワイトの大きなソファー等など作品と一緒に置かれており、どこかのハイセンスなお宅のリビングに招かれているような錯覚に落ちそうになるくらい、素敵空間を満喫いたしました。


大村雪乃さんについてのお話は、まだまだ続きます。


※このブログ内の作品及び個展会場の写真は、大村雪乃さんご本人の許可を頂いて掲載しております。
[PR]
by komaoyo | 2014-01-26 02:31 | できごと | Comments(0)