<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

森の図書館

友人の友人のお薦めの食べ物屋さんを探していたら、小さな雑居ビルの前に若い人ばかりの行列が。
看板もなく、狭い間口の先には階段が・・・。

「なんで並んでいるのだろ~??」
「変な宗教の集会??」
「知る人ぞ知るラーメン屋さんとか?」

等と、想像力たくましくしながら、その列の横を通り過ぎた。



分かりました!!分かりました!!

此処だったんだっ

https://www.facebook.com/morinotosyoshitsu

まさか図書館とは・・・。

想像もつきませんでした。

しかも、この図書館、資金を一般募集してなんと9,530,000円集めて始まった図書館なのです。

主催者の方、あまりの高額で責任の重さを感じたとか。

夜中の1:00まで開いている図書館なんてないよね、今まで。

皆んな、こんな場所が欲しかったから出資したと言っていました。

私も行ってみたいわ~

6月13,14,15日(金,土,日)にパトロン様限定で、
5回、オープニングイベントを行います。 ・・・・・・とのこと。パトロンとは、出資者の方のことです。(^O^)

マスコミ等の影響でかなり混みそうだけれど、一度行きたいなぁ~
[PR]
by komaoyo | 2014-06-28 00:11 | できごと | Comments(0)



只今、この曲を絶賛練習中!

速弾きのこの曲を、ゆ~~~くりゆ~~~~くり きっちり 音程・テンポ・弓の位置・右手に気をつけながらの練習をしている。

ゆっくりきっちり弾けなければ、速く弾いてもグダグダになるだけ。


一旦変な癖がついているから、直すのが物凄く大変だけれど、注意深く練習を重ねる。

短気にならず練習あるのみ!

幸いに?人一倍不器用なので努力しがいがあるわ。(^_^;)しつこいことだけが取り柄なので、何度もtryする事は平気のへっちゃら・・・。 

速弾きの練習は、右手の手首を軽く動かして。(決して腕を動かして弾こうとしないこと。)意識を集中させすぎてもいけない、テレビを見ながら軽やかに弾くことが目標。

そして、右手が気がつくと、右上あがりになる癖があるから、「弓を平行に・弓を平行に」とおまじないのように唱えながら練習せねば。

 
とってもスケールの大きなドラマティックなこの曲。

でも今は、ゆ~~~くりゆ~~くり砂漠を歩く駱駝の如く練習しよう。




弓の持ち方・ビブラートの仕方・右手の使い方等など・・・全ての今までの弾き方を修正中。自分の欠点を直視し知ることからはじめよう。見てみないふりはだめね。何でも・・・。反省
[PR]
by komaoyo | 2014-06-26 23:58 | 二胡 | Comments(0)

短気にならずに・・・。

「どのような練習をしたら上手になりますか?」と尋ねる児童に、「楽器を習う人は、1週間にこれだけ練習すればいいではなくて、毎日練習することが大切です。短気にならずに、心をこめてコツコツ練習することが大切です。」と答えていた。

バイオリニスト五嶋みどりさんが、小学生の質問に答えました。
[PR]
by komaoyo | 2014-06-22 22:01 | 二胡 | Comments(0)

東急ハンズを通り過ぎ、その先の横断歩道を一つ渡る。

「この辺に在るはずなんだけれど」と立ち止まって地図で確認しようとしたら、上品なご婦人が「もしかして光舜堂さんをお探しですか?」と優しい眼差しで私に言った。

「ええそうなんです。地図だと、この辺りだと思うのですが?初めてなもので、分からなくて・・・」

「私、今行って来た所なんですよ。すぐそこだからご案内しますね。」

「いいんですか?ありがとうございます。」私は図々しくも道案内をお願いしてしまった。




日曜日しか営業しない、二胡弾きの為のお店「光舜堂」
あの日から約10ヶ月、今では目を瞑ってだって辿り着けちゃうほどの場所になった。


e0197817_17252738.jpg



茶道具か、はたまた筆を扱っているお店の看板?と思わせる、上品に光る店名を切り抜いた看板の、左の急階段をずんずん上がると、丸い船窓のある白いドアが現れる。

e0197817_1804470.jpg

「あなたがお探しの二胡は、この金の二胡ですか?それとも普通の木の二胡ですか?」何処からともなく聞こえる天の声。正直に「私の探しているのは、木の二胡です。」と答えた者だけがこの白いドアの向こう側に行けるのだ。 ※(((((¬_¬) これは、イメージです。

月曜日から土曜日までは、お酒を飲むBarになっていて、日曜だけこの金の二胡がドアにかかると、「光舜堂営業中」の合図になって開店する。


中に入ると、黄色い壁と数々のポスターが目に飛び込んでくる。
e0197817_18302762.jpg

※この写真は、中に入って白いドアに向かって振り返って撮った写真です。取っ手に注目!これってバルブの栓 ^_^;)






最初の部屋は、絵の具箱をひっくり返したようなカラフルな色彩の部屋。
e0197817_18342378.jpg


落ち着く。

カラフルなのに落ち着く空間。

e0197817_18361877.jpg

↑別の角度から





奥の部屋には、
e0197817_18474460.jpg

 この店のダンディーな主(あるじ)が、で~~~んといらっしゃる。(で~んじゃなくて、ふわりといらっしゃる・・・・。自然に、あくまで自然に存在なさっている感じ。うまく表現できないけれど。(・_・ヾ)

この部屋には、主(あるじ)自ら制作した数々の二胡や、長~~~い蛇の皮が巻物の如く巻かれてあったり、握力強化?いや二胡弓矯正ボール??が置いてあったり、様々な工具があったり、とにかく興味深いもののオンパレード。

ここで、主(あるじ)が注意深く二胡の診察・治療をして下さる。

白衣こそ着ていないが、まさに大切な子供(二胡)たちをよーく観察し、最善の方法で治療してくれるお医者様のような存在。

毎週日曜日、診断を仰ぎに大勢の二胡弾きさんが来院?してくる。

でも、ここがただの病院(病院じゃないけど)とは違うのは、元気な子供(二胡)を連れてきたり、時には子供(二胡)さえも連れずにふらっと立ち寄る人が多いということ

光舜堂は、あくまでもお店でサロンじゃないのだけれど、半ばサロン化している・・・あのパリのラパン・アジルのように。

ピカソ・ローラン・ドルジュレス、ピエール・マッコルラン等、貧乏芸術家のたまり場、ラパン・アジル。

光舜堂はまさに、日本の二胡弾きのラパン・アジル的存在なんだ。お酒は飲めないけれど。音楽好きが大勢集まってくる。

主(あるじ)の魅力に惹かれ、またそこに集う人々に惹かれ、この心地いい空間に引き寄せられる。(私も例外でなく。)

この10ヶ月のあいだで、一体何人の二胡弾きさんたちと出会っただろうか。プロもアマも線引きなく集える場所なんて、そうそうないと思う。違う教室同士の交流もまた貴重だ。

音楽が好き!
と言う共通語が結ぶ、人と人の輪








このブログを読んで、この場所に行ってみたいと思ったあなた

残念です。T_T


この場所は、昨日限りでおしまいなのでした。





あの急な階段も、あの赤いバルブの栓の取っ手付き白いドアも、金の二胡も、カラフルな廊下も、蛇皮のあるお部屋にも行くことができません。


あ~~あ・・・とため息をついたそこの方


朗報です!(落として上げる。( ̄▽ ̄)ニヤリ


光舜堂さんは場所を移して、つまりお引越しなさって新たに営業なさいます!大丈夫ですよ!!
http://blog.goo.ne.jp/ko-shun-do/e/1239970b0e158f64040ff355c22c4290

ガウディー建築のごとく、こだわりを持ってもっか絶賛内装工事中だそうです。未完成のままの新営業だそうですが、(何しろドアから作っていらっしゃるのですから。新営業当日は、ドアは完成されていると思います。(^_^;))完成途中というのも、また楽しみですね。

行くたびに何処かが完成しているなんて、なんかワクワクします。



場所は変わっても「Wonderland  for èrhú players」は変わらず、また遊びに伺いたいと思います。いや、診察に伺います。

あっあっっ

大事なお話を忘れていました。


光舜堂さんの魅力は、主である西野さんの魅力やそこに集う人達の魅力だけではありません。

もう一人大事な方がいらっしゃいました。

ほぉさん

西野さんの秘書的存在。西野さんがお医者様なら、ほぉさんは看護婦長。西野さんが監督なら、ほぉさんはプロデューサー。西野さんがキリストなら、ほぉさんはマリア様・・・あれっ西野さんがほぉさんの子供になっちゃった!(^^;


でも私の中では、ほぉさん(美人です)は、マリア様的存在なのです。やさしく見守って下さっている存在です。

気が利く、心くばりが素晴らしい。お仕事もめちゃくちゃ出来る。

何気ない優しさ、自然な心くばりって実はとっても難しいのです。おまけにユーモアもあって。(ほぉさんのブログ参照 http://blog.goo.ne.jp/ko-shun-do/e/f7e4ed6475b867a941a9d5995b8b729e )


はぉさんの一番好きなところは、光舜堂の急階段を降りて帰る時、必ず白いドアの前で急階段を転げ落ちないかどうか見送って(見守って)くださることでした。(もしかしたら、どなたか過去に転げ落ちたのかも(^O^))なかなか出来ることではありません。

昨日も優しく見送ってくださいました。なんだかジーンと来てしまいました。あ~最後なんだなって・・・。(新しい場所には、転げ落ちそうな階段はなさそう(ーー;)いいんだけどね・・。)


場所は変わっても、西野さん・マリア様のほぉさんは変わらず、二胡弾きの私たちを待っていて下さいます。

これからも変わらずに、よろしくお願いいたします。

家事の合間に書いたこのブログ。日にちをまたいでしまいました。(^_^;)昨日までの営業ではなく、一昨日までですね。まっどちらでもいいか。ハハハァ<(; ^ ー^)





ふぉさん、昨日(正しくは一昨日)私を見つけて2階の窓から「かとうさ~ん」って手を振って下さった事、嬉しかったです!!とっても!!ちゃんとご挨拶もせず、写真だけ撮りにヽ(´ー`) イッチャッタ私に、(友人にまで)お茶を出して下さってありがとうございます。

西野先生(敢えてお医者様のように呼ばせてください。)いつも変わらない優しい包容力で、私たち二胡弾きをこれからも応援してくださいね。応援に応えるように、皆で切磋琢磨して良い音を奏でられるように頑張ります!!お体に気をつけて・・・・あれっなんかお手紙みたいになってしまった・・・。ブログなのに。まっいいか




今年の合言葉は、まっいいかっ



皆様、鬱陶しいこの時期「まっいいかぁ」と時には頑張りすぎずにお過ごしください。☆彡
二胡の練習だけは、「まっいいかぁ」はダメっです。念の為 \(◎o◎)/!
[PR]
by komaoyo | 2014-06-10 01:09 | 二胡 | Comments(0)