エリスマン邸殺人事件簿 全12話

第9話 「 告白 」続きの続きの続きのとにかく沢山の続きの続きの続き


明けない夜がないように、生きていれば誰にでも朝は来る。どんな困難に遭っても、いつかはなるようになる。原因の反対語が結果だと知ったのは、結構大人になってからだ。物事を発生せしめたものを原因と言い、物事の発生により生じたものを結果と言う。





長い間踊り場でうずくまっていた夕凪(ゆうな)にも、そろそろ目覚めてもらおう。







「夕凪、夕凪そろそろ起きなさい」
「夕凪ったら、学校遅刻しちゃうわよ」




「夕凪 夕凪」




「あと5分あと5分だけ寝かせて」






母が寝ている私を覗き込んでいる。
薄ぼんやりと見える母のまなざし。






大きいぎょろっとした目
もじゃもじゃの髭




・・・・・大きい鼻・・・・ん?大きい鼻?






違う・・・お母さんじゃない。




目をパチリと開けた夕凪。

そこには見覚えのある、太った男の顔があった。



ごくりっ夕凪は唾を飲んだ。


自分でも吃驚するくらい大きく唾を飲む音が耳に響いた。




「あなたは・・・


またしても大きな男と目が合った。




悪夢は再び迷える子羊の前に現れた。




続く































e0197817_2412550.jpg


:































:
[PR]
by komaoyo | 2016-06-18 21:27 | 読み物 | Comments(0)