今も続いていること

シュリ・JSA・シルミドそして「韓国陸軍オレの912日」。

e0197817_21531021.jpg

チュ・チュンヨン&中山茂大著 彩流社

日本になくて韓国にあるもの、それが徴兵制だ。

全男子が(ただし審査の結果、兵役免除もある。)30歳までに2年間の兵役義務を遂行しなければならない。正しくは2年間兵役につき、その後、除隊後の8年間、年に数回召集を受け、有事に備え半日~3日程度の再訓練を受ける.

この本に書かれた兵役生活はまさに、映画の中のような想像を絶する生活だった。個を捨て去り、人としての尊厳なんてまるで皆無の世界。いじめ・体罰・手心・・・不条理ばかりの毎日。

日本の軟弱青年たち(我が家の軟弱青年2人も含め)を見て、「韓国の徴兵制度みたいなものがあればもっとシャキッとするのにね」なんて軽々しく言っていた自分を反省した。

自分の息子を兵役に送る親の気持ちはどんなだろう。国のために全力を尽くして任務を全うして欲しい気持ちは表向きで、「どうか怪我をしないように無事に帰ってきて欲しい」このたった一つを願うだけではないだろうか。

今も休戦状態なのだと言うことをしっかり認識させられた。
[PR]
by komaoyo | 2011-08-23 21:53 | 韓国 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る