大切な仲間と、冷静と情熱の間で二胡を弾く

韓国語に夢中になって1年4ヶ月。それまで続けていた二胡への興味が薄れかけていた。やめてしまおうかと思った時期もあった。実際、二胡の存在が私の中で宙ブラリンになっていたことは事実だ。

でも完全にやめることが出来なかったのは、音楽が好き・二胡が好き・先生が好き・・・・そして、二胡の仲間が好きだからという事。

昨夜、レッスン後駅までの道、二胡仲間と練習中の発表会曲を歌いながら帰った。ヾ(*'-'*))(同じ楽器を背負いながら歌っている私たちって、道行く人には変だっただろうな。人通りの少ない道だったけれど。)

ハーモニーって音程を合わせるばかりが大事では無い。心、呼吸が合わないと素敵なハーモニーにはならないのだ。

まずは歌ってみる。楽器を弾く前に歌ってみて合わなければ、弾いても合わない。

だから皆で歌ってみた。

・・・・ひとつの目標に向かって何かを皆で作り上げていく喜びは、何物にも替えがたい。そう言えば学園祭の時も、社会人になって仕事をしている時も、皆で同じ目標をもって頑張ることが好きだった。

人間の気持ちなんて皆ばらばらなのは当たり前、同じ速さでなんかで進めない。でも同じ目標をもって進む時、一瞬でも同じ速度で歩こうと思い、足並みが揃った時、たまらなく仲間がいとおしくなる。いつまでも音楽を通して仲間でいたいと思う。

かけがえの無い時間を共有できる仲間がいるって幸せだ。

昨夜から二胡のことばかり考えて、あまり眠れなかった。(せっかく主人が出張で(不在で)広々と眠れたのに。いびき攻撃からも開放されていたのに。 (ToT) )  早朝から、早く楽器を弾ける時間にならないかなぁ。こんな練習もしてみたい・あんな練習もしてみたい・・・と気持ちは膨らむばかり。

今まであんなに練習する時間があったのに、あと2週間無い今になってジタバタしている私ってどうかと思う。\(-_-メ)レッドカード!!  焦らず凹まず練習を続けること。

冷静と情熱の間で二胡を弾く。((∵)」先生からのアドバイス)
[PR]
by komaoyo | 2011-09-27 08:02 | 音楽 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る