上手になる薬

昨夜の親子の会話

夜11時半、二胡のレッスンから重い足取りで帰り、リビングに居た息子に、二胡とかばんを置くや否やこう言った。

私 「ねぇ お母さん今日の二胡のレッスンの時、一人で皆の前で弾いたんだけど、余りに酷い出来で立ち直れないの・・・8年もやっているのに・・・やめちゃおうかなぁ~お先真っ暗だぁ・・・・・」

息子「・・・」

私 「弾いているそばから、自分の演奏に幻滅しちゃっててさぁ 別にあがってたわけじゃないのに、練習の時とまったく違った演奏になっちゃったぁ  え~~えん」

息子「・・・」

私 「マンションでの楽器演奏は迷惑行為と通達が回ってきて、しょうがないからクロゼットにこもってまで練習したのに・・・・結果があれじゃぁ・・・あ~苦労が水の泡~~ゼツボウダァ~~~~~~」

何も答えずパソコンに向かっている息子。

私 「何処かに、二胡が上手に弾ける薬ないかなぁ  怪しい薬とか飲んだら上手になるかしら?」

ずっとだまっていた息子、怪しい薬に反応したのか、ひと言こう言った。

 「薬に頼るのかよぉ」

おいおい本当に怪しい薬飲むと思ったの???お母さんならやりかねないと思ったのかしら?????一回なら試しちゃうかも   嘘嘘(*^_^*)   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この広い地球のどこかに二胡がすぐ上手になる都合の良い薬ないですかね? 
せっかちなアジュンマ(おばさん)が聞いた。


e0197817_13502820.jpg


賢い二胡はこう答えた。

「薬なんか探さなくたって、毎日こつこつと練習していれば今よりほんのちょっとずつ上手になっていきますよ。そして5年10年後と続けていけば、自分の心を二胡で表現できるかもしれません。」

せっかちなアジュンマはこう言った。

「早く上手くなりたいの。」

「8年間やってたのよぉ・・・なのに全然上達しないし・・・・。見切りをつけて二胡のレッスン代、韓国行きにまわそうかなぁ。あああああっでも上手くなりたい。せめて練習した成果をそのまま本番で皆に聴いてもらいたい。上手になりたい~~~~ぃぃぃぃ~ぃっ」

賢い二胡はこう言った。
「ほ~ら やめるなんて言って、結局上手になりたいって向上心燃やしちゃってるんじゃない。結局続けるんでしょ。」

せっかちなアジュンマが答えた。

「うん」
[PR]
by komaoyo | 2012-11-15 14:08 | 音楽 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る