究極の練習場所で、無駄に頑張る。

マンションでの二胡練習は、窓を閉めきり・換気扇を止め、音がもれないように細心の注意を払って行います。

私の住んでいるマンションは、ピアノ・琴・ギター・声楽など「ここは音大か?」と思う程、音楽を楽しむ人たちが多く住んでいます。そんな環境でしたので、朝11時頃から夜19時頃まで、心おきなく練習できていました。(勿論、窓は閉めていました。)

しかし、ある日管理組合から1枚のプリントが・・・。


音楽を好きな方ばかりが、住んで居る訳ではありません。楽器をされる方・歌われる方は、常識の範囲内で音を出してください。長時間音を出し続けない。必ず窓や扉をしっかり閉める事。


実際はもっと(辛辣)な内容でしたが、そのプリントが配布されて以来、マンションから楽器を練習する音が消えました。

なんだか音のないマンションは無機質で、まるで人が住んでいないようです。

音は個人個人好き嫌いがあったり、体調の良い悪いによっても聞こえ方が違ってきます。
電車内でイヤホンから漏れてくる、シャカシャカした音程嫌な音はないですよね。凶器にさえ思えてしまう。気になり出すと、もう微かな音でも我慢できなくなります。

自分は人に対して「迷惑をかけていないだろう」と思っていても、知らないうちに大迷惑なことをしているかもしれませんね。





この頃は、微かにピアノの練習の音が漏れてきたりします。そんな音を聞くとほっとします。

そんなこんなで、思いっきり練習したい時は、もっぱらカラオケに。

スタジオを借りるより、格安で借りられます。(注意・カラオケ店によって楽器禁止の所もあります。)


でもでも、もっと心おきなく沢山、無料で練習出来る場所があるのです。

そこは、私の実家(田舎)。

隣近所は思いっきり離れていて、夜中まで大音響でずーと弾いていても誰にも迷惑かからない、究極の場所です。


行くのには最速1時間半。普通2時間もあれば着いてしまいます。
心おきなく練習する為に、土曜日に実家に帰ってきました。


24時間自由に練習出来る。が・・・


たっぷり練習時間があっても、気力・体力・集中力が無ければ、続けて練習しても意味がないということを実感しました。


「弾きたい弾きたい病」に罹っているから、気づくとすぐ1時間超え2時間超え3時超え。
でも、1時間を超えると、弾けていたフレーズが弾けなくなり、ミスも格段に多くなります。


そんな時は、気分転換を兼ね、庭の草むしりに勤しむ。

でもでも、これまた夢中になり本格的に草むしりを始めてしまうと1~2時間没頭してクタクタになり、気分転換とは程遠い状態になってしまいます。

程ほどにが本当に出来ない 。40歳を過ぎた頃から、段々悪化してしまいました。


これからは、無駄に一生懸命やるのでなく、効率良く一生懸命出来る方法を学ばねば。


効率良く練習して、上手になりたい!!
[PR]
by komaoyo | 2013-09-29 21:50 | 二胡 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧