本当は違うのにそう見えること

e0197817_1755686.jpg


先日、丸シールアートで有名な大村雪乃さんの個展に行ってきた。場所は、有名な銀座三越8Fギャラリー。

どれも素敵だが、特に素晴らしかったのは、「神戸の夜景」と「六本木ヒルズの夜景」。新作は、明らかにクリアーに洗練されてきている。

夜が深くなるほど、白の部分が際立ってきて昼間とは違う表情になり、立体的に見えてくる。又神戸の作品は、同じ白い丸シールだけで橋を表現しているのに、ライトアップして見えたり不思議なトリックが仕掛けてある。

e0197817_18852100.jpg


同じ素材(丸シール)で「夜景」と言う同じテーマを追っている彼女。

伺った時は、キュレーターの上田雄三さんと大村雪乃さんのトークショーがあり、とっても興味深いお話を沢山伺った。

集まったギャラリーの中には、銀座の靴屋さんで廃棄する皮を制作に役立ててもらえないかとサンプルを持参して来た人や、テレビで見て是非実物を見たくてと心待ちにしてきた人等多くの方々がいらした。

彼女の作品は、背景以外筆記用具は使わず、丸いシールを貼っているだけだ。大中小大きさの異なる丸シールをずらして貼ったり、重ねて貼ったりして対象物の特徴を表現している。

見る者の今まで経験してきた記憶も手伝って、彼女の絵は完成する。離れれば離れる程、写真のようにも見えるし、立体的にも見えてくる。丸シールが貼ってあるだけなのに、写真のように鮮明に浮き上がってくる作品たち。

誰もやっったことのないことをやる。パイオニアになるって凄いなぁ~改めて感心。

本当に毎回楽しませてれる、彼女のこれからが楽しみだ。

銀座のど真ん中の、有名なギャラリーで個展をするということは、ステータスであり又次の仕事のチャンスを掴める可能性が広がるということ。一人の芸術家が、有名になっていく姿を見るチャンスなんてそうないかもしれない。子供の頃から知っている彼女が、大きく羽ばたいていく姿を、陰ながら応援したい。


※お時間ある方は、是非銀座三越8Fギャラリーにお越し下さい。4月22日(火)迄開催・・・最終日は16時迄です。

4月20(日)午後2時からは、公開制作もされます。
[PR]
by komaoyo | 2014-04-18 18:39 | できごと | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧