②ー1 エリスマン邸殺人事件簿 全12話

注 映像をONにして、映像を見ずにそのまま文章をお読みください。




エリスマン邸殺人事件簿 全12話



第2話 「其々の恐怖」




この日、琉津田さほりは中国楽器二胡を演奏する為、ここ横浜山手にやって来た。

横浜山手という土地柄のせいか、目的地に到着する前から、完全に観光客気分で写真を撮りまくっていた。

e0197817_1522229.jpg


e0197817_1525545.jpg





ウキウキ歩いていたら肝心のエリスマン邸を通り過ぎて、道に迷ったというハプニングはあったが、なんとか辿り着くことが出来た。

e0197817_15261890.jpg



エリスマン邸は、西洋建築だが土足厳禁で、靴をスリッパに履き替える。その為玄関の左右には来館者用に下駄箱が設置されている。

入ってすぐ右には、館の雰囲気に合わせてクラシカルな公衆電話が置いてあった。
e0197817_16433912.jpg



館内をぐるりと見て歩きたい衝動にかられたが、まずは皆に会ってからと思い、会場である地下に降りて行った。


会場には誰も来ていなかった。



1月31日 9時56分

[ちょっと迷いましたが無事到着!一番のりっ!]と、さほりはスマートフォンからfacebookにアップした。


「皆が来る間、少し見学しようかなっ」と荷物を置いて、また今来た階段に足をかけた。そのとたん、1階から何か大きいものが勢いよく転がり落ちてきた。

「うわっわわわっ」
思わず自分の身を壁側に押し付けた。

さほりの足元に、太った大きな男が落ちてきた。

男の顔は血だらけで、今まで見たこともない酷い形相をしていた。




男は死んでいた。





続く
[PR]
by komaoyo | 2015-02-08 17:55 | 読み物 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧