⑤ー2 エリスマン邸殺人事件簿 全12話

エリスマン邸殺人事件簿 全12話

第5回「 ぎょぎょぎょぎょぎょ 」続き





あわあわあわあわ言いながら腰を抜かした私は、お尻で後ろへ後退。
両腕を顔の前で構え戦闘態勢に入った。

極限の極限、自分のことは自分で守る。



( ̄^ ̄)">( ̄^ ̄)">( ̄^ ̄)




「来ましたよね。来ましたよね。今!」
「ドアを開けないで今 入って来ましたよね」
「誰なんです?あなた」
「人間?幽霊?いや違う。足もあるし」
「さっきだって私の肩を掴んだし、幽霊だったら触れないはずだし」

私、相好を崩す。


「アハハハッそうそう普通だし、あなた」
「幽霊みたいに恨めしそうな顔してないしどっちかというとイケメンだし」
「ないない、ないない、」


私は、片手を勢いよく振る。


「ないな~~~~い 」

チャンチヤラオカシイ。


「ははーーん ベランダから来たとね」

何故か博多弁。



私は立ち上がり、ベランダまで戦闘態勢のまま(両腕を顔の前に構えたまま)、横歩きで行った。

敵に背中は見せられぬ。



ベランダの扉は閉まってる。


カチャカチャカチャ


しかも、カギまでかかっている。


得意の薄笑い。





「驚かせてすみません」

と言いながら私に近づく男。




「こっ こっちに来ないでぇ」

「一歩でも近づいてごらんなさい。アッパーパンチをお見舞いするわよぉ」

ホレホレ と拳を顔の前で振る私。



「今 今ドアから入って来たわよね 」
「そうよね。 そうだと言いなさい」
絶対認めぬ作戦



「いいえ」
いとも簡単に、作戦を阻止する男。


「あららぁ? 何言っちゃってるの?」
「ドアから入ってこないって・・・どどどこからよぉ」
「なに驚かしてくれちゃったりするの」
「おーほっほっほっほっほっ」

何が可笑しいのか高笑い。


「じゃあ こうしましょう」
「仮にドアから入ってこなかったとしましょう」
「何の為?」
「どういう意図?」
「私を驚かせたい為?」
「幽霊じゃあるまいし」
「ドアの構造分子を潜り抜けられるほど、あなた小さいのか?」


首を横に振るだけの男。


部屋をぐるぐる見回す。

何処かに絶対入口があるはず・・・。

ないないないないなあああああああい




でも あきらめない。
男がドア以外の何処から入って来たか探すまで。

ぐるぐる見回す。









私は、幽霊やお化けを今まで1度も見たことがない。

だって家訓を守って来たから。



幼いころ祖母に聞いたことがある。

「ねぇおばあちゃん 幽霊やお化けを見たことある?」

「ないよ」

「一度も?」

「ああ一度も無いね。見ないようにしてるから」

「見ないように?」


「そうだよ 色んな怖いものは見ないようにしているんだ」
「日頃、テレビとか本とか・・・なんでも怖そうなものは絶対見ないね。だから今まで幽霊やお化けは見たことないんだよ」
「怖いものに近づかなければ、怖いものは寄ってこないんだ」
「ご先祖様からの言い伝えだ。」

我が家のご先祖様が眠る元禄時代のお墓


e0197817_7360100.jpg


e0197817_7362435.jpg





ご先祖様から伝わっているんだもん。ずーとこれだけは頑なに守って来たんだもん。


絶対いるわけがない。


ドアを潜り抜け いや すり抜けて入って来たこの男は、一体・・・一体一体。





「つい・・・ドアを通らず入ってしまいました。」

「・・・」

「叫び声がしたので、つい ドアを通らずあなたの目の前に現れてしまいました。」

T=T~~~~~~



「なんで省略するのぉ」
「そこんとこ、省略したら驚くでしょう誰だって」

恐怖→戸惑い→説教



「あなた、この世に幽霊なんていないのよ」
「少なくとも私は絶対見ることはないの」
「ご先祖様の言い伝えを守っているの」
「えっ分かる?分かっているの?」

「はい 」
「私は幽霊ではありません」

「ねねねそうでしょうとも」
「私が、見るわけない 出会うわけない」
勝ち誇ったように言う私。


「幽霊ではありませんが、この世のものでも有りません」

なに?



ぎょぎょぎょぎょぎょ







続く

いよいよ事の真相が少しづつ明らかに・・・。





※PCの接続が悪く、やっと書き上げた文が消えるアクシンデントが何度も。めげる落ち込むめげる落ち込むの繰り返しですが、「最後まで完成させるぞー!おー!!」という気持ちで書き上げます。(正確には 打ち込みます。)皆さま 温かく見守ってね。
[PR]
by komaoyo | 2015-02-23 22:39 | 読み物 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧