⑦ー1 エリスマン邸殺人事件簿 全12話

エリスマン邸殺人事件簿 全12話

第7話 「クラースネ・シャーコチカ」




1月31日(日)10時13分


その日の朝、ロサクワ・ズシーカは遅い朝食を摂っていた。

ウクライナから夫と共にここ横浜の土地に来て27年。今では生まれ育ったオデッサより、日本の生活の方が長くなってしまった。

住んでいたウクライナのオデッサ市は黒海に面していて、温暖な気候と美しい海岸により屈指のリゾート地となっている。

オデッサと横浜とは友好姉妹都市になっていて、オデッサとの交流を深めるため、横浜市民による「横浜オデッサ友好委員会」が発足されたりと、さまざまな繫がりをもっている。

ロサクワ・ズシーカも夫と共にこの27年間オデッサと横浜の橋渡しをして来た。

二人は、オデッサ・オペラバレエ劇場横浜公演・国立オデッサ人形劇団横浜公演等、芸術を通しての交流や、横浜市代表団がオデッサ市政200周年記念式典参加の時も尽力を注いだ。





「あなた、どうしても今日伺わなければいけません?」

「ああ 急で悪いがお願いしたい。 彼の奥さんのたっての希望なんだ。 でも演奏会に出られなくなってしまうが・・・」

「残念だけれどしようがないわね。滅多に私にお願いしないあなたの頼みですものね。それに、あの方にお会いするのも随分久しぶりですし」

「ありがとう。助かるよ」
いつも穏やかで、面倒見のよい妻に助けられている自分は、本当に幸せな男だと思いながら妻のほうを見た。



「でも、皆さんに食べていただくこのお菓子は届けさせて下さらない?演奏会はそこのエリスマン邸ですので、すぐ戻れますから」
そう言って、クラースネ・シャーコチカの入った箱を見た。


「演奏会に来た人たちは、きっとあのお菓子を食べたら喜ぶだろうね。 絶品だからな、君の作ったクラースネ・シャーコチカは」
そう言って目を細めた。

「そうね、喜んで下さると嬉しいわ」

「別名、皆が笑顔になれるお菓子」

「ふふふっ 確かにあなたは、このお菓子の前ではいつも笑顔よね」

「子供の頃、秋になると沢山のドライフルーツにお酒をたっぷり入れて漬けた瓶が、棚にずらりと並ぶ様子を思い出すよ。あれは幸せの光景だったな。今でも君がクラースネ・シャーコチカの為に・・・」

「ふふふっ良く分かっていますわ」
夫の言葉を遮るように言った。

「今でもこの季節になると、棚に並んだ瓶の前であなたがニコニコしている姿を見ていますもの」
「こう言うのを日本では、三つ子の魂百までというのよね」

「いやいや、百を過ぎても瓶の前でニコニコするのは変わらないよ 」
と自慢の髭をつまみながら言った。

「まっ あなたったら ほほほほほっ」



穏やかな朝のひと時、ロサクワ・ズシーカは自分が作ったクラースネ・シャーコチカを食べて、皆が幸せな笑顔になってくれたらいいなと思いながら、出かける準備を始めた。


続く

e0197817_23271378.jpg


写真上は、クラースネ・シャーコチカ。ロシアのフルーツケーキ。子供用には焼いたままのものを。大人用にはたっぷりのお酒を振りかけ保存し、(最低でも二週間)封を開けた時の香り高いケーキのおいしさを楽しむ。





















ttps://retrip.jp/articles/3056/
[PR]
by komaoyo | 2015-03-11 08:33 | 読み物 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧