⑧ー2 エリスマン邸殺人事件簿 全12話

エリスマン邸殺人事件簿 全12話

第8話「1月31日から消える人 」続き




居ない訳がない。

今聞こえていたはずの楽器の音がない。
そこには、当然音を出している人間がいたはず。



消えた。



沢山の椅子を残して消えたのだ。



まさしく狐につままれた状況に居るロサクワ・ズシーカと香見宇 里子。

「ロサクワさん ちょっとここは深呼吸してみましょう」と、 置かれている状況を把握できないで呆然としているロサクワ・ズシーカに向かって里子は言った。

「え? ・・・ ええ」

2人で大きく深呼吸をする。


「すーっはーっ」
「ふーっふーっーーー」

「ロサクワさん 吐いてばかりじゃだめですよ。吸って吐かなくちゃあ」
「えっ?ええそうね」里子の声にロサクワ・ズシーカはうわの空で答えた。

「落ち着きましょう。」胸に手を当てながら里子は言った。
※以下 ロサ・・・ロサクワ・ズシーカ 里・・・香見宇 里子



里「確かにロサクワさんは、楽器の音をお聴きになったんですよね。」
ロサ「えっ?ええ」
里「なのに会場には人っ子一人いない・・・」
ロサ 「・・・」

里「どこに行っちゃったんでしょうね」会場を見まわしながら言った。
ロサ「・・・」



里子は、会場内奥にある衝立の後ろを見たり、また会場外の廊下に出たりした。



里「こっちに外に出るドアが有ります」と言って会場ドアの左側に行った。



里「この扉を開ければ外に出られるんだ。皆外に出ているのかしら?・・・」そうつぶやいてドアをそっと開けてみた。

冷たい風が思った以上に吹き込んだ。

里「わっ冷たっ」


里「寒い外になんか、皆一斉に出るわけないですよね。」ドアを閉めながら横を見ると目の前にロサクワ・ズシーカの顔があった。



里「うわっ吃驚したΣ(゚Д゚)」

「ロサクワさん近!!」





ロサ「里子さん」里子の目をじっと見ながら言った。
里「はっはい」

ロサ「里子さん、よく聞いて頂戴」
里「はい。」目の前のロサクワ・ズシーカから1歩後ろに下がって答えた。

ロサ「里子さん これはもしかしたら・・・もしかしたら、始まってしまったのかもしれないわ」
里「始まるって、何がです?」

ロサ「それはね。このエリスマン邸にまつわる不可解なお話を思い出して、そう思ったの。」
里「 えーなんか 止しましょうよ。怖いです。」

里子は思わずロサクワ・ズシーカの腕を掴んだ。

ロサ「さっき黒い小さいものが、音もなく素早く階段を駆け上がって行ったって言いましたでしょ?」
里「ええ」首をすくめながら、益々ロサクワズシーカの腕をしっかり掴んで答えた。

ロサ「鳴り響いていた楽器達の音はその時点で鳴っていなかったのよ。そう言えば」
里「・・・・・?」


ロサ「音も無く黒い小さなものが私の横を通り過ぎた時には、何の音も聞こえなかったのよ。」
里「音が聞こえていたのに急に静かに?」

ロサ「急に黒いものが現れたものだから吃驚してしまって、楽器の音が止まったことに気付かなかったけれど、確かに楽器の音、止まっていましたわ。」
里「・・・・音が止まった。」

この時点で、何か嫌な予感が里子の胸いっぱいに広がった。




続く



エリスマン邸にまつわる不可解なお話・・・
一体それは何?
私も知りたい。 「(゜゜)゛ キョロキョロ
[PR]
by komaoyo | 2015-04-17 23:09 | 読み物 | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る