彼岸花と珈琲とサンドイッチ

今日は田園都市線⇒大井町線⇒京浜東北線と乗り継いで神田まで行った。
目的は、美味しい珈琲と写真展。

途中、大井町線から親友が入院している病院が3駅分の間見えた。(住宅街の中、一際高くそびえている為いつまでもよく見える)どこまでも、電車の後を追ってくる病院を見ながら、彼女の事を思う。3駅分過ぎてもずっと。

1時間もかからずに神田駅北口すぐの、高架下にある神田珈琲園に着く。
2階に上がり左奥の席に座った。
e0197817_00204989.jpg


店内に入って見える景色は、低い天井と木で出来た武骨な椅子とテーブル、今どき珍しい灰皿(しかも銅製)今どき珍しい懐かしいガラスの砂糖入れだった。

そして、煙草と焙煎豆の入り混じった匂いを吸い込むと、この世にいない父を思い出した。

壁ぎわには2枚の大きなモノクロ写真が展示されていた。一面の彼岸花ともう一枚の作品は、彼岸花とその先に人々が写っているもの。

彼岸花は、お彼岸の頃に咲く花。お墓の周りに咲く花の印象があるが、それは昔に土葬の風習がある土地で、もぐらなどにお墓を荒らされない様、毒性のある彼岸花を植えて予防した名残と言われている。

3年間通った高校の通学路。その途中の見事な竹林の下は、お彼岸の頃になると一面に彼岸花が咲いた。竹の葉の木漏れ日が、放射線上に開いた細い反り返った赤い花々に降り注ぐと、まるでその場所が黄泉の国の入口になったような錯覚に落ちいったものだった。

私が座った横の壁に飾られていた作品の彼岸花は、黄泉の国の入口に咲く花には見えなかった。モノクロのその写真はどちらも、どこか懐かしい気がした。それは懐かしい人に会った時のような・・・。彼岸花たちは、どれも日向の匂いがした。私が座った後ろの席には、バスを待つ人々。これもどこか懐かしい風景だった。

平成の、しかも現在に撮影されたであろう写真は、モノクロのせいか懐かしいさが割増しになっていた。プロのカメラマンの作品は、大きく引きのばしても、しっかり軸足で立っているようにブレていない。ピントが合っている合っていないばかりでなく。

他の写真もじっくり見てみたかったが、ビジネスマンたちが熱心に打ち合わせをしていて、写真の前を占拠していた為(普通に椅子に座っての打ち合わせ)よく見る事は出来無かった。この写真展は、客席の壁沿いに写真を展示してあるので、物凄く空いて居る時以外は1点1点見る事は難しい。でもこの昭和ないい感じの空間で、JAZZを聴きながら美味しい珈琲をすすり、写真と共に過ごすのも悪くないなぁと思った。因みに11時半まではモーニングがお得に食べられます。私はサンドイッチと珈琲を。※残念ながら写真展は、この日が最終日でした。
e0197817_00205817.jpg
コンビニのサンドイッチなんかもう食べられない程のおいしさ!!ふかふかの厚めに切られた食パンに、野菜の水気でパンがべちゃべちゃにならないようにバターが塗られ、きちんと水きりされたレタスときゅうりとハム、そしてマヨネーズと合えたみじん切りのゆで卵が挟んである。勿論、珈琲の美味しさは言わずもがなだ。

壁には写真展用の感想ノートがぶら下がっていた。

「素敵なお写真拝見させて頂きました。」みたいなことを書こうと思ったのに、どういうわけか私は、「曼珠沙華(彼岸花の別名)の写真を見て、黄泉の国に引き寄せられそうになった」みたいな事を書いてしまった。今考えても別の感想だったのに不思議だ。なんでそんな事を書いてしまったんだろう。
もしかして彼岸花を見て、辛い治療を受けている入院中の親友や、亡き父を思い出したので、そう書いてしまったのかもしれない。

お店を出た直後、全然違う感想だったのに、何であんなこと書いてしまったのか後悔して書き直しに店内に戻りたかったが、それも変な話なので辞めておいた。温かみのある、懐かしい気持ちになった彼岸花の作品。もう一度見てみたい。


今年中に作品展をまた開催されるらしいので、今度は全作品じっくり見てみようと思う。作品の前にビジネスマンが占拠していないことを祈ろう。今度は珈琲店での開催では無いかも知れないので、占拠は無いかもしれないが。(*^^*)





[PR]
by komaoyo | 2017-01-28 02:09 | できごと | Comments(0)

♪当ブログ内の写真、テキスト等の無断借用、転載などは固くお断りいたします。Красная Шапочка


by クラースネ・シャーコチカ
プロフィールを見る
画像一覧